日本経営合理化協会TOP 事業繁栄のための経営セミナー 社長のための実務書 社員育成DVD・ビデオ 企業内研修プログラム

結果重視の実践コンサルティング

企業価値向上コンサルティング

個人差はありますが、少なからずAの約3倍高いBのリンゴを選んだ方がいるはずです。必ずしも人は「安いものがいい」という考えでモノを購入しないからです。

意識的にも無意識的にも、人は「比較をして選んで」モノを購入しますが、このうち「安い」は比較の一つの要素に過ぎません。モノを買う時、人は将来の自分、いわば「未実現のイリュージョン」を買っています。つまり、みんな「いい買い物がしたいだけ」なのです。
しかしながら、情報が氾濫して比較すべき項目が増えたことにより、「何を選べばよいか分からない」といったことが起きるわけです。それゆえ人はその"モノ"がNo.1であることを知ると、「他の商品よりも評価が良い(はずだ)。だから自分も確実に効果を得られるだろう」という心理が働き、欲しくなるわけ です。

どんな会社にも、見事な特長、大きく差別化できる強み、小さな範囲かもしれないけれどNo.1と呼べる何か、が必ずあります。ところが、そのことが十分に世の中、お客様に伝わっていないがために、売上が伸びない、価格競争に巻き込まれる、そして利益が減っていく、ということが度々起きます。

そこで本コンサルティングでは、弊会専任コンサルタントでもある武井則夫が、貴社、そして貴社が展開するモノ・サービスに比類ない付加価値を見出し、必ずNo.1となるウリの要素を定義付けます。
また、幹部、若手営業マン等の担当者でも自社の強みをしっかり認識するようにいたします。
これにより、増客・売上アップ・高粗利益化を図ります。

対象

・すべての業種・業界
・売上が伸び悩んでいる企業
・自社の売りが見つからないとお悩みの企業
・社内の販売力を高めたい企業


点線

効果

・他社にはない、貴社の売りが明確になります。
・貴社の売りが社員全員が認識し、顧客に充分伝わるようになります。
・結果的に、増客・売上アップ・高粗利益化が図れます。


点線

コンサルタント

武井則夫(たけい のりお)
一般社団法人 企業価値協会 代表理事


点線

期間

・半年~



コンサルタントプロフィール

武井 則夫(たけい のりお)

一般社団法人 企業価値協会 代表理事
リアルマーケティング・コンサルタント
株式会社リアルM 代表取締役

巧みなマーケティングセンスと実践的な財務ノウハウをバランスよく持ち合わせ、攻撃と守備の企業戦略を次々と編み出している注目の若手コンサルタント。 社長と膝を突き合わせ、経営者としての壮大な夢を「長期繁栄のベーシックプラン」に落とし込む技術に関しては、卓越したものがある。
その指導では常に、「自社の事業の根源」、お客様に支持されている理由を浮き彫りにし、それを元に「増客」と「繰り返し購入される仕掛け」を張り巡らせ、さらに売りモノを磨き上げる工夫と新事業開発までを仕掛ける。

 一方では、攻撃戦略の背景に、中小企業が陥りがちな「財務面での安全性」を考慮しながら、永続繁栄のシナリオを適切にアドバイスする。日本経営合理化協会会長 牟田學の考案した「事業発展計画書」の作成指導の実績も豊富。また、オーナー企業の後継者との交流も非常に広く、事業継承特有の問題に関しても多岐に渡る経験を持つ。共著「事業発展計画書の作り方」(日本経営合理化協会)

 主に、ホビー企画製造業、ステンレス加工業、食品スーパー、美容・健康関連企業、自動車・自転車部品製造業、加工食品メーカー、飲食・小売チェーン、環境リサイクル事業、人材派遣業、住宅関連事業などでの指導実績がある。

 1970年東京都出身、早稲田大学商学部卒業、早稲田大学大学院商学研究科修士課程修了後、三菱レイヨンにて化繊製造工場と海外営業部門を経験。その後日本経営合理化協会に入協。勉強会企画の最前線に身を置き、数多くの経営者、一流コンサルタントと交流する。教育課長、教育部長、理事、経営研究所所長を歴任し2009年独立。ドリームストリームス設立、代表取締役として各企業を指導し、東奔西走の毎日。
2012年7月、株式会社リアルMに社名変更、代表取締役。また、同月、一般社団法人価値企業協会設立、代表理事就任。

ページTOPへ戻る

コンサルティングプログラムのポイント

コンサルティングのねらい

1.我が社のウリを確実に見つけ出す ! 8つの項目

お客様が貴社と他社を比較して購入する際、そのお客様が「いい買い物をした」と思うための要素と、それに合わせた自社の売りを見つけ出すことこそ、本コンサルティングの要となります。この「自社のウリ」を確実かつ効果的に見つけ出すために、8つの項目を項目を使います。

2.ウリを見つけ、着実に社内に浸透させるための必達プロセス

社長と営業・販売・開発に関わる部門長でのプロジェクトチームを編成していただきます。その後、以下のプロセスを踏むことで、ウリを見つけるだけでなく、社内への浸透、そしてお客様へのPRも含めた総合的なコンサルティングを行います。

事例

様々な業種業界に携わってきた実績のうち、一部をご紹介いたします。

ページTOPへ戻る

導入までの流れ

導入までの流れ

企業価値向上コンサルティングのお問い合わせ

必要事項にご記入の上、「送信する」ボタンをクリックしてください。
※全て入力必須です。


ご担当者名(必須)  例) 経営 太郎
会社名・団体名(必須)  例) 日本経営合理化協会
郵便番号(必須)  例) 101-0047
都道府県(必須)  ※プルダウンからお選びください。
市区郡町村・
番地・ビル名(必須)

例) 東京都千代田区内神田一丁目3番3号
電話番号(必須)  例) 03-3293-0041
Eメールアドレス(必須)  例) keiei_tarou@jmca.co.jp
お問い合わせ内容
 
【お問い合わせについてのご注意】
・お預かりいたしました「個人情報」につきましては、本[お問合せ]の対応及び、弊会活動のご案内のみに、使用させて頂きます。第三者への譲渡・販売は一切いたしません。
・ご記入いただきましたお申込み情報は、社員研修又は講師派遣を適切かつ円滑に運営するために利用します。
・又、その他のお問い合わせにつきましては、下記までご連絡ください。

日本経営合理化協会 コンサルティング局 作間・畠山

TEL 03-3293-0041