日本経営合理化協会TOP 事業繁栄のための経営セミナー 社長のための実務書 社員育成DVD・ビデオ 企業内研修プログラム

結果重視の実践コンサルティング

自社ヒット商品開発コンサルティング

良い商品・奇抜な商品を作れば必ず売れるとは限りません。
社が一丸となり想い入れた商品であっても、作り手側の意思だけではモノは売れないのです。
「今は売れなくてもそのうち・・」という甘い幻想が、事業そのものを揺るがす事例は枚挙に暇がありません。

重要なのは、「マーケットを見ながら商品づくりをすること」です。
消費者・顧客が欲しいと思うモノ、業界関係者が「これなら売れる」と口を揃えるようなモノを初期段階でリサーチをかけて商品開発をすることです。

本コンサルティングでは、弊会提携先である株式会社クリーツが持つ独自のネットワークを使い、マーケット・リサーチを徹底しながら貴社の資産をフル活用したオリジナル商品を開発いたします。

また、各業界一流の職人・業者とコラボレーションし、商品を同社が提携する有名雑誌・メディアに紹介されることにより、商品の出口戦略を加速させます。

単にメディアに広告費を払うだけでなく、話題を呼ぶ自社オリジナル商品が完成する、と好評をいただいているコンサルティングです。

当コンサルティングについてのお問い合わせはこちらから

対象

・商品を開発し、ブランド構築をされたい会社
・下請体質を脱して見込産業を取り入れたい会社
・ノウハウはあるが、事業展開に悩んでいる会社
・一次産業や加工業者、メーカー
・BtoB、BtoCいずれでも可


点線

効果

・徹底したリサーチをもとに、「売れる」商品を開発します。
 (奇抜だけではない、貴社の資産をフル活用した商品)
・商品の出口戦略を加速させ、話題づくり・実際の売り上げ増までを
 含めた「オリジナル商品の完成」を目指します。


点線

コンサルタント

川井 勉氏(かわい つとむ)
株式会社クリーツ 代表取締役


点線

期間

・1年~
※ヒアリングの上、最適な期間をご提案致します。




コンサルタントプロフィール

川井 勉氏(かわい つとむ)

川井 勉氏(かわい つとむ)

株式会社クリーツ 代表取締役

企業が所有する資産の有効活用を実現すべく、クリーツが持つ独自のネットワークを活かした新たなコラボレーションを創出することで、クライアント企業の新たなビジネスモデルをプロデュースしている。それぞれの企業のコンサルタント/アドバイザーとしてその企業の立場に立った関係を作ることにより、一般企業や広告代理店にはできない質の高いネットワークの構築を目指す。

また、2011年11月一般社団法人日本ビジネスプランニング協会を設立、代表理事に就任。株式会社クリーツの10年以上の実績を買われ、経済産業省の奨めを受け、2011年に農商工連携人材育成事業に取り組む。その人材育成事業における【川井塾】では30名近い受講者と共に企画・立案・マーケティング・ブランディングについて学び、新潟県越後川口やな場を実地見学会場とし、商品開発の企画を具現化するために約8ヶ月間の事業を行った。

その後、一般社団法人日本ビジネスプランニング協会として2012年2月【農商工等連携支援事業計画】が関東農政局並びに関東経済産業局より認定を受ける。

ページTOPへ戻る

コンサルティングプログラムのポイント

1.質の高いネットワークを活用し、貴社ビジネスをプロデュース

貴社が所有する企業資産をベースに、どのような商品がマーケットに響くのか、クリーツが持つネットワークを通してリサーチします。

「百貨店、スーパーに売れるだろう」といった一般的なコンサルティングとは異なり、「どこの百貨店のどの部署の、どの売場の担当者であれば置いてくれるか」といったところまで、マーケットリサーチをいたします。徹底したリサーチの上で商品開発をするから、より売れる商品が誕生するのです。

商品開発には、一流職人や業界のオピニオンリーダーとのコラボレーションが加わることで更に付加価値の増した商品に生まれ変わります。その後、クリーツのネットワークを活用し、『媒体が選んだ逸品』として商品の魅力の他に媒体の持つ魅力や顧客、ステータスが加わります。

2.綿密なプランの組立と実績検証で売れる循環を確立

本コンサルティングのもう一つの特徴は、弊会提携先である株式会社クリーツが貴社と同じ船に乗る点にあります。貴社と共同で、ビジネスを成功に導く綿密なプランを策定し、展開します。また、実績検証や事後の対応もしっかり行い次の売りの種を一緒に育てていきます。

外野からモノを言うだけのコンサルタントでは決して実現できないビジネスプロデュースです。

豊富な実績

事例

ページTOPへ戻る



自社ヒット商品開発コンサルティングについてのお問い合わせ

必要事項にご記入の上、「送信する」ボタンをクリックしてください。
※全て入力必須です。


ご担当者名(必須)  例) 経営 太郎
会社名・団体名(必須)  例) 日本経営合理化協会
郵便番号(必須)  例) 101-0047
都道府県(必須)  ※プルダウンからお選びください。
市区郡町村・
番地・ビル名(必須)

例) 東京都千代田区内神田一丁目3番3号
電話番号(必須)  例) 03-3293-0041
Eメールアドレス(必須)  例) keiei_tarou@jmca.co.jp
お問い合わせ内容
 
【お問い合わせについてのご注意】
・お預かりいたしました「個人情報」につきましては、本[お問合せ]の対応及び、弊会活動のご案内のみに、使用させて頂きます。第三者への譲渡・販売は一切いたしません。
・ご記入いただきましたお申込み情報は、社員研修又は講師派遣を適切かつ円滑に運営するために利用します。
・又、その他のお問い合わせにつきましては、下記までご連絡ください。

日本経営合理化協会 コンサルティング局 作間・畠山

TEL 03-3293-0041