【夏季・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…35講師登壇、経営者700名が集う3日間 

日本経営合理化協会TOP 事業繁栄のための経営セミナー 社長のための実務書 社員育成DVD・ビデオ 企業内研修プログラム

結果重視の実践コンサルティング

1店舗1億円の店づくりコンサルティング

年々、入れ替わりの激しさが増す飲食業界。
店が増えたことにより、1店あたりの商圏は確実に小さくなっており、これまでと同じやり方ではビジネスの縮小は免れられません。「安い!」、「何でも屋さん」や「産地がいい」は、もはやウリでも何でもないのです。モノでは差別化できません。

これからのやり方は、ストーリー性を持った、ウリとなる商品を開発し、お店全体のコンセプトと連動させていく必要があります。「あれを食べるにはあそこ!」という看板商品で新規客への商圏を広げながら、お店のストーリーやコンセプトに共感をいただくことでリピーターを増やすことが重要です。

そこで、本コンサルティングでは、オーナーの想いや理念から、貴社のオペレーションなどの現場感覚も踏まえた商品開発とストーリーを創出させます。単なる来店前の集客を目的としたものではなく、来店客がお金を支払う瞬間の満足度を最大限に高めるお手伝いをいたし、新規客、リピーターの双方を増やします。

当コンサルティングについてのお問い合わせはこちらから

対象

・飲食店全般
・3~10店舗、次の一手を思案している飲食店
・ポピュラープライスのお店
・チェーン店
・居酒屋・惣菜店・レストラン・ラーメン店・カフェ・郊外店


点線

効果

・「あれを食べるならあそこ!」と言われるような看板商品が出来上がり
 ます。
・価格競争から抜け出しながら多店舗化を実現。
・リピーターが激増する仕組みが出来上がります。
・お店のコンセプトと看板商品のストーリーとが連動し、強いお店づくりが
 可能になります。
・価値経営ができる。


点線

コンサルタント

大久保  一彦氏(おおくぼ かずひこ)
日本の将来のために創業・第二創業・イノベーションを支援する有限会社
代表


点線

期間

1年~




このような企業では特に効果が期待できます。

コンサルタントプロフィール

大久保  一彦氏(おおくぼ かずひこ)

日本の将来のために創業・第二創業・イノベーションを
支援する有限会社 代表

飲食店のもうけの構造を知り尽くした現場コンサルタント。

日本、アメリカ、欧州、累計で1万店舗以上、年間300以上の店舗を訪ね、繁盛の秘訣を体系化し、「オオクボ式繁盛プログラム」を開発。
長く愛されるオンリーワンのフォーマットとしくみを多数ディレクション。

(株)グリーンハウス時代に「新宿さぼてん」を惣菜店多店舗化に成功。独立後は、ハイディ日高、和幸、東和フードサービスなどの新業態開発やメニュー開発などを手掛け、地域密着店、老舗料亭やフレンチ・イタリアンの高級店等の運営から集客法までを一元的に指導。経営者の信頼を得る。

「行列ができる店はどこが違うのか」など著書24冊。

ページTOPへ戻る

コンサルティングプログラムのポイント

1.必ずリピーターが激増する仕掛けづくり

本コンサルティングで目指すのは、「来た人が適正な来店サイクルで必ずリピーターになるお店」です。
来店前の"集客"に重きを置くのではなく、来店客の"お金を払う瞬間"の満足度を最大限に追求していただきます。
この考えに基いて、我が社の「看板商品開発」と、その「ストーリーづくり」、そして「強い店づくり」を総合的にコンサルティングいたします。この基本づくりをしっかりやることにより、必ずリピーターが激増する仕掛けになります。

必ずリピーターが激増する仕掛けづくり

2.看板商品開発から強い店づくりまで。首尾一貫のメカニズム

本コンサルティングで目指すのは、「来た人が適正な来店サイクルで必ずリピーターになるお店」です。
来店前の"集客"に重きを置くのではなく、来店客の"お金を払う瞬間"の満足度を最大限に追求していただきます。
この考えに基いて、我が社の「看板商品開発」と、その「ストーリーづくり」、そして「強い店づくり」を総合的にコンサルティングいたします。この基本づくりをしっかりやることにより、必ずリピーターが激増する仕掛けになります。

看板商品開発から強い店づくりまで。首尾一貫のメカニズム

3.コンセプト・商品開発・ストーリーの見せ方等、豊富な事例

様々な業態の飲食店を再編・拡大させてきた大久保一彦氏の実績のうち、一部をご紹介いたします。

コンセプト・商品開発・ストーリーの見せ方等、豊富な事例

当コンサルティングについてのお問い合わせはこちらから

導入までの流れ

導入までの流れ


ページTOPへ戻る





1店舗1億円の店づくりコンサルティングのお問い合わせ

必要事項にご記入の上、「送信する」ボタンをクリックしてください。
※全て入力必須です。


ご担当者名(必須)  例) 経営 太郎
会社名・団体名(必須)  例) 日本経営合理化協会
郵便番号(必須)  例) 101-0047
都道府県(必須)  ※プルダウンからお選びください。
市区郡町村・
番地・ビル名(必須)

例) 東京都千代田区内神田一丁目3番3号
電話番号(必須)  例) 03-3293-0041
Eメールアドレス(必須)  例) keiei_tarou@jmca.co.jp
お問い合わせ内容
 
【お問い合わせについてのご注意】
・お預かりいたしました「個人情報」につきましては、本[お問合せ]の対応及び、弊会活動のご案内のみに、使用させて頂きます。第三者への譲渡・販売は一切いたしません。
・ご記入いただきましたお申込み情報は、社員研修又は講師派遣を適切かつ円滑に運営するために利用します。
・又、その他のお問い合わせにつきましては、下記までご連絡ください。

日本経営合理化協会 コンサルティング局 作間・畠山

TEL 03-3293-0041