【商品発送開始!】「春季・全国経営者セミナー」講演CD・DVD 

日本経営合理化協会TOP 事業繁栄のための経営セミナー 社長のための実務書 社員育成DVD・ビデオ 企業内研修プログラム
結果重視の実践コンサルティング 業界でのリーダー的立場を築くホームページ活用コンサルティング

対象

・「○○業界といえば□□社!」という立場を築かれたい企業
 (○○=貴社の業界。□□=貴社名)
・今後、ウェブを活用した顧客獲得・ブランディングを実践されたい企業


点線

効果

ユーザがファン化するホームページが立ち上がる。
ホームページを通して、リアルの営業にも好影響をもたらすことができる。


点線

講師

津田 武氏(つだ たける)
ニューインデックス株式会社 代表取締役社長


点線

期間

半年~


情報を求めているユーザと、貴社がウェブで伝える情報とが完全一致した時、
ブランディングに最適な状態が起こります。

これには、情報配信特化型のウェブサイトを構築し、そこにユーザの欲求を満たす情報を
集約させることがカギ
となります
(貴社のコーポレートサイトとは別立てで立てることも視野に含めた対策を打ちます。)

この状態を貴社と一緒に創り出していくのが、本コンサルティングです。
具体的には以下のメリットが見込めます。

具体的なメリット


ブランディング

・ユーザが貴社のことを「○○業界といえば□□社!」と認知するようになる。
・ユーザが毎日の日課として見に来てくれるようなホームページが立ち上がる。
・同ホームページ内に貴社の社員を登場させることで、「業界の人」を作り上げることが可能になる。

罫線

検索エンジン対策

・検索エンジン(Google、Yahoo!)対策を打たずとも、自然に検索結果で業界キーワードの
 上位表示が可能。
 ※ただし、キーワードやサイトの競合状況により、対策を施す場合があります。

罫線

収益

・同ホームページに広告枠を設けることで、毎月の固定収益が見込める。

罫線

リアルの営業

・ホームページのブランディング力が、現場の営業の後ろ盾となり話がまとまりやすくなる。

罫線

顧客開拓

・メールマガジンを発行することで、顧客情報を取得でき、見込み客へのプロモーションが可能になる。
・顧客からの問い合わせ窓口設置やアンケート実施により、顧客の持つ課題を抽出し、新たな提案に
 活かせる。

罫線

知見

・情報ターミナルとして存在することで、最終的に貴社に業界の情報が一番集まるようになる。

これらの効果をしっかりと掴んでいただくため、貴社の業務ヒアリングからニーズの掘り起こし、
ホームページ制作、そして運用までをご支援いたします。

コンサルタントプロフィール

津田 武氏

津田 武氏(つだ たける)

ニューインデックス株式会社 代表取締役社長

新日鉄ソリューションズ株式会社で4年間営業に勤務し、
2008年に独立、ニューインデックス株式会社を設立。

氏自身、これまでに広告などを全く打たずに1,000万ヒットクラスの
ホームページを複数立ち上げた経験を持ち、知見やノウハウを
本コンサルティングにも取り入れている。

また、立ち上げ数年のこの会社が制作したホームページ「モバイルデザインアーカイブ」は、今や モバイルサイト制作業者では知らぬ者がいないほど、デザインアイデアのヒントとして業界のマーケットリーダー 的立ち位置を築き上げている。

氏自身、同サイトの主宰者として数々の業界誌や新聞に取り上げられ、まさにホームページ活用を地で行く
存在である。主な著書に『携帯サイト年鑑2010』(MdN)、『モバイルデザインアーカイブの本。』(春日出版)
などがある。

ページTOPへ戻る

コンサルティングプログラムの「ねらい」

ニーズの掘り起こしと貴社が対応できる情報提供のマッチングを徹底的に掘り起こします。

業界の中で慢性的な課題になっている点や、満たされていない悩みを現場レベルで徹底的にヒアリングします。 また、「情報提供」という観点で、これらを満たすポイントを抽出し、貴社として情報資産の提供が可能かどうか を検討します。こうすることで、これまで世の中に存在しなかった全く新しいホームページが立ち上がります。

ユーザからも検索エンジンからも好かれるサイトを目指します。

世の中に存在しなかった、ユーザのニーズを満たしたホームページ。このポイントから決してブレることなく
情報を網羅していきます。ポイントは「量で圧倒すること」です。公開時に圧倒的な量を用意し、
インパクトを与えること
が非常に重要なポイントとなります。

また、更新も手を抜かずほぼ毎日続けることで、ユーザからも検索エンジンからも好かれるホームページと
なります。これにより次第に検索順位も高まります。
(更新頻度のアドバイス、具体的な運用方法につきましては、実施時にお教えいたします。)

ユーザからも検索エンジンからも好かれるサイトを目指します。

貴社の認知度を上げるための施策を打つ

アクセスが向上し、ユーザからの指示を得るようになれば、貴社を認知・選択してもらうための販促媒体として 利用することが可能になります。ネットだけでなく、リアルの営業でもこのホームページのネタから入ることが 可能になり、現場の営業の後押しになります。

貴社の認知度を上げるための施策を打つ

上記を一つ一つクリアしていくことで、徐々に貴社が業界になくてはならない存在になることが可能になります。

ページTOPへ戻る

導入までの流れ

導入までの流れ

ページTOPへ戻る

事例
モバイルデザインアーカイブ モバイルデザインアーカイブ
http://mobiledesignarchive.jp/
モバイルデザインアーカイブ

優れたデザインの携帯サイトを一堂に集めたたヒント集。1500件もの携帯サイトの キャプチャ(ディスプレイに表示されている画面イメージを画像ファイルとして保存 したもの)が収録されており、業界ごとにまとめている。
デザインに行き詰った時のヒントや、クライアントと眺めながらサイトのデザインを 決めるなど、携帯サイト制作業者に様々な用途として活用されている。
広告等全く打たずとも、公開初日からクチコミによるアクセスが5,000件を記録。 お気に入りへの登録者も1,000人に達し、現在も月間150,000PV程度で安定 している。また、検索エンジン対策として、狙ったキーワードは2日目にGoogle で1位を記録。いわゆるSEO業者がどのように対策しても達成できない結果で ある。公開たった1年半で、書籍3冊を発行し、業界誌・新聞にも常連のサイト。






ページTOPへ戻る



ホームページ活用コンサルティングについてのお問い合わせ

必要事項にご記入の上、「送信する」ボタンをクリックしてください。
※全て入力必須です。


ご担当者名(必須)  例) 経営 太郎
会社名・団体名(必須)  例) 日本経営合理化協会
郵便番号(必須)  例) 101-0047
都道府県(必須)  ※プルダウンからお選びください。
市区郡町村・
番地・ビル名(必須)

例) 東京都千代田区内神田一丁目3番3号
電話番号(必須)  例) 03-3293-0041
Eメールアドレス(必須)  例) keiei_tarou@jmca.co.jp
お問い合わせ内容
 
【お問い合わせについてのご注意】
・お預かりいたしました「個人情報」につきましては、本[お問合せ]の対応及び、弊会活動のご案内のみに、使用させて頂きます。第三者への譲渡・販売は一切いたしません。
・ご記入いただきましたお申込み情報は、社員研修又は講師派遣を適切かつ円滑に運営するために利用します。
・又、その他のお問い合わせにつきましては、下記までご連絡ください。

日本経営合理化協会 コンサルティング局 作間・畠山

TEL 03-3293-0041