【商品発送開始!】「春季・全国経営者セミナー」講演CD・DVD 

日本経営合理化協会TOP 事業繁栄のための経営セミナー 社長のための実務書 社員育成DVD・ビデオ 企業内研修プログラム

結果重視の実践コンサルティング

家賃を見直し、新たな投資原資を創出する方法

「高い賃料を見直す方法はあるのか?」
「賃料の削減依頼をすることで、貸主とのトラブルにはならないのか?」

費用項目の中でもかなりの割合を占めるこの「賃料」。経営者にとっては、毎月の請求額に思わず目を伏せたくなる項目の一つです。
実は自社で賃料交渉を行った場合、減額できる可能性は僅かで、仮にできたとしても3~5%程度です。また、必ずと言っていいほど貸主とトラブルになります。

しかし、賃料適正化コンサルティング(別名:家賃110番®)を使えば成功率が72%以上、しかも平均減額率が12.7%に跳ね上がります。

実際これまでに、17,278件、総額にして528億円の減額に成功した実績があります。


なぜ、「賃料適正化コンサルティング」だと上手くいくのか?


成果の要因は、単に周辺相場や物件価値だけでなく、貸主と借主の関係性を重視した手法を用いるからです。
当コンサルティングは、ビズキューブ・コンサルティング株式会社に蓄積された膨大なデータと、不動産に精通した調査スタッフをはじめ、 有力な弁護士、税理士、会計士との密接なパートナーシップのもと高度にノウハウ化された手法を用い、累計減額件数17,278件もの結果を出しています。 また、クライアント企業は1,753社に上り月間の新規契約数も400件~500件と確実な実績があります。

これら専門家が、貸主の性質や考え方、不動産投資におけるこだわりなど、細かく分析・診断いたします。
診断の結果、現在の賃料が適正価格よりも高いとされた場合、その後の減額成立までをも徹底サポートさせていただき、減額成立を実現させます。
貸主様の本音を把握し、コンサルティングを実施するためしこりも残しません。

コスト削減は新たな利益拡大のための第一歩です。
賃料適正化コンサルティングを徹底的に活用し、貴社の利益拡大にお役立てください。

当コンサルティングについてのお問い合わせはこちらから

対象

・ドラッグストア、スーパー、ホームセンター、物流センター、飲食店、小売、
 サービス業など、店舗を持つあらゆる企業
・賃料を削減したい企業
・多店舗展開をしていて投資コストをかけず利益を拡大したい企業


点線

効果

・貸主とのトラブルを起こさず賃料を適正化(減額)する事ができます。
・賃料減額後も貸主様と良好な関係を築く事ができます。


点線

実施機関

ビズキューブ・コンサルティング株式会社
代表取締役社長 野中 知明(のなか ともあき)及び専門スタッフ


点線

期間

・賃料適正化まで約1ヶ月半




このような企業では特に効果が期待できます。

会社プロフィール

ビズキューブ・コンサルティング株式会社

ビズキューブ・コンサルティング株式会社

 2001年創業以来、ビズキューブ・コンサルティングは、店舗運営にかかるコストを適正化することで投資原資の創出を実現する「経営コストリノベーション」を提供してきた。顧客の総店舗数は全国で90,000件を超え、毎年約4,000物件のコンサルティングに着手し、現在では名実共に店舗運営に欠かせないコストリノベーションのパイオニア的存在。
 大阪・東京をはじめ、名古屋・広島・福岡へ拠点を展開し、総数100名以上の専任スタッフを配置することにより、安定的に、そしてスピード感をもってサービスを提供するための体制を整えている。さらに、お客様に安心してご利用いただけるサービスを一層強化するため、ISMS認証の取得をはじめ、万全な情報管理体制の整備の構築に取り組んでいる。

 「すべては可能性」
創業当時から掲げてきた理念の通り、社員一人ひとりが自らの「可能性の最大化」を探求することで、全社一丸となって新たなるチャンスを創出し、お客様の売上利益の最大化を実現させ、お客様とともに取り組む企業活動が、サービス業全体を底上げし、社会を明るくすることを目指す。

ページTOPへ戻る

賃料適正化のメカニズム ――― いかにして、賃料を適正化するのか

売り上げを伸ばすソリューション

当コンサルティングは、周辺相場や物件価値だけでなく、貸主と借主の関係性を重視した手法(MSBL手法)を用います。

複数のコンサルタントが貸主様の性格や金銭情報などを分析し、大きく4つのタイプに分類します。その上で貸主様に適した賃料適正化コンサルティングを行います。

決して一方的に要望を押し付けたりはしません。また貸主様の本音を把握し、コンサルティングを実施するためしこりも残しません。

トラブルは今まで発生した事はありませんが、万が一トラブルが発生した場合もスピーディに対応できる企業体制(5拠点体制/100名以上の専任スタッフ)があります。

ドラッグストア、スーパー、ホームセンター、飲食店、物流センター等あらゆる業界で賃料の適正化を実現しています。

コンサルタント料については、成功報酬にて算出します。


売り上げを伸ばすソリューション

ページTOPへ戻る

当コンサルティングについてのお問い合わせはこちらから


コンサルティングの流れ(減額成立まで約1ヶ月半)

コンサルティングの流れ

現在の賃料が適正な金額かどうかまずは専門の調査スタッフが無料で調査・診断させて頂きます。


コンサルティングの流れ

診断結果のご報告をさせて頂き、算出された適正な賃料をご提示いたします。


コンサルティングの流れ

調査結果をもとに、お客様のご要望や条件等のご確認と、十分な打ち合わせの上でコンサルティング契約を締結いたします。


コンサルティングの流れ

弊社のノウハウをもとに、専門の調査スタッフがさらに詳しい立地調査、及び、あらゆる角度からの検証をさせていただきます。


コンサルティングの流れ

調査資料等をもとに、賃料の適正価格を説明する資料の作成などを通じて、貴社が減額に至るようサポートしていきます。


コンサルティングの流れ

減額が成立したら、賃貸借契約書の変更までをしっかりサポート致します。
※覚書締結までサポート致します。


コンサルティングの流れ

コンサルティングの流れ

ページTOPへ戻る

実例紹介

実例紹介

実例紹介



【拠点】
全国で約40拠点 ほか子会社4社を展開。

【効果】
全支社合わせて月に700万円ほど下がりました。年間で8,400万円です。単年度で見ても相当な金額です。私共のサービスのうち、OA機器などは完全に他社との価格競争ですから、少ない利益の中から人件費や事務所の維持費を払って、年間8,400万円もの利益を出すのは大変なことです。借り手側の会社と、貸し手側の大家さんが、互いに気持ちよく付き合って行けるような減額の方法があるのなら、と、コンサルティングの依頼をさせていただき、予想以上の結果に本当に驚いています。



実例紹介



【拠点】
全国に百数十店舗のエステティックサロンを運営。

【効果】
やはり数字を見ると恐ろしいですね。今のところ結果が出たところの平均で従来の賃料の15%が減額され、家賃比率でいうと約6%も下がりました。家賃比率が6%下がったというのは、実はすごいことで、数字の話だけで言えば売上が今までの1.5倍以上になったのと同じ家賃比率なわけです。これまでは完全に大家さんの言いなりでしたし、家賃比率も売上に対し16%~21%程度のところが多かったのですが、突然経営体質が変わってしまったようなもので、その成果に驚いています。

これまでは集客を考えると家賃が高くなっても仕方がない、という考えでしたし飲食店などと比べると「収益性は悪くない」という油断があったのかもしれません。

ページTOPへ戻る

当コンサルティングについてのお問い合わせはこちらから


賃料適性化各種データ

家賃適性化各種データー

ページTOPへ戻る

導入までの流れ

導入までの流れ

ページTOPへ戻る



「賃料適正化コンサルティング」についてのお問い合わせ

必要事項にご記入の上、「送信する」ボタンをクリックしてください。
※全て入力必須です。


ご担当者名(必須)  例) 経営 太郎
会社名・団体名(必須)  例) 日本経営合理化協会
郵便番号(必須)  例) 101-0047
都道府県(必須)  ※プルダウンからお選びください。
市区郡町村・
番地・ビル名(必須)

例) 東京都千代田区内神田一丁目3番3号
電話番号(必須)  例) 03-3293-0041
Eメールアドレス(必須)  例) keiei_tarou@jmca.co.jp
お問い合わせ内容
 
【お問い合わせについてのご注意】
・お預かりいたしました「個人情報」につきましては、本[お問合せ]の対応及び、弊会活動のご案内のみに、使用させて頂きます。第三者への譲渡・販売は一切いたしません。
・ご記入いただきましたお申込み情報は、社員研修又は講師派遣を適切かつ円滑に運営するために利用します。
・又、その他のお問い合わせにつきましては、下記までご連絡ください。

日本経営合理化協会 コンサルティング局 作間・畠山

TEL 03-3293-0041