実務に変化を起こす!実践のスキルアップ

電話マナー研修

メニュー

エレガントマナービジネスマナー言葉遣い

240_320

自分の“格”を一流にまで高める
電話マナー研修

「明るい声」「ヤル気のない声」…受話器を取ったその声が「会社の顔」です

お客様に好かれてはじめてお取引が始まる。 そのためにはお客様との接点を社員一人ひとりが意識することが重要です。

想定期間:1日

対象

  • 「気が利く人だ」と思われるワンランク上の応対術を身につけたい方

  • 新入社員の方

  • 若手〜中堅一般社員の方

効果

自分の“格”を一流にまで高め、会社の顔として好印象を与える「電話マナー」。応対の基本をしっかりと身に付け、他社との差別化を図ります。

他社に電話した時のことを思い浮かべてみて下さい。 「新人だから」「部署が違うから」…そんな言い訳はお客様には関係のないことです。 電話に出たその人の声が自社のイメージを作り、お客様はその応対の良し悪しで会社のレベルを判断します。  本セミナーでは、電話応対の基本である声の出し方から、ビジネス電話マナーの必須ルール、 さらには、「気が利く人だ」と思われるワンランク上の応対術までを豊富な実習を交え、 体得できるようご指導いたします。

講師

192_256

マナーインストラクター

ビジネスコミュニケーションインストラクター

松尾 友子 まつお ともこ

お客様に好かれてはじめてお取引が始まる。 そのためにはお客様との接点を社員一人ひとりが意識することが重要だと主唱。 「好感ビジネスマナー」徹底のためのきめ細やかな指導で、新人からベテラン社員まで多くの 受講生の心を掴み、頼れる相談相手となる。 現在は、企業診断電話コンクール審査員講師としても活躍する。 主な指導先に株式会社西武百貨店、JR東日本、松下電工株式会社など多数。

研修カリキュラム

カリキュラム詳細

人数 20〜50名程度
期間 1日
会場 御社会議室、または最寄りの貸し会議室等 (ご希望の場合、会場手配をお手伝いさせていただきます。) 指導講師
指導講師 松尾 友子(まつお ともこ)マナーインストラクター/ビジネスコミュニケーションインストラクター
主な研修内容

好印象を与える「電話マナー」お客様主義の心得

→ 受話器を持つあなたの声が会社の「代表」
→ 声は人格 口の開閉、高低、抑揚で声に表情を
→ 相手はいつでもお客様、もしくは優良見込み客と心得よ
→ 会社のカラーを意識してバラつきのない応対を

微差は大差。基本の徹底が他社との差をつくる

→ 先手必勝、明るく元気にさわやかに
→ 社名は略さずハッキリと
→ ビジネス電話の4原則を徹底せよ
→ 差をつける接遇用語とは
→ 信頼感を与える言葉使い…敬語、丁寧語の使い方

この応対がお客様を満足させる 電話の受け方

→ ベルは2回以上鳴らさない
→ お客様を待たせないための取次ぎの注意点
→ ミスをなくすメモの取り方
→ 「いかがいたしましょうか?」で相手本位の応対
→ ポイントを抑えた復唱・確認で信頼感アップ

用件をきちんと伝える電話のかけ方

→ 最初の5秒で全てが決まる 名乗り方の基
→ 「問い合わせ」「依頼」印象を良くするひと言の使い方
→ かける前の準備と心得
→ 伝言の頼み方(かけ直す、折り返し電話をいただく、FAX、メール…)

即実践《場面別》電話応対のスキル

→ 伝言を頼まれた時の「信頼感」の与え方
→ 社員の家族からの電話への対応は
→ 留守番電話へメッセージを残す際のポイント
→ 携帯電話への対応は配慮と気遣いを
→ たらい回しにしないための仕組み
→ お客様が怒っている時の対処法
→ 間違い電話への対応法
→ 終わり良ければ…好印象を残す電話の切り方、受話器の置き方

導入までの流れ

  • 問い合わせ
    資料請求
  • 事前ヒアリング
  • 面談・研修方針
    内容決定
  • ご提案
    御見積のご提示
  • ご契約
  • 研修実施
  • 研修報告
  • 事後フォロー

お問い合わせ

電話マナー研修についてのお問い合わせ

必要事項にご記入の上、「送信する」ボタンをクリックしてください。
※全て入力必須です。

    必須
    必須
    必須
    必須
    必須
    必須
    番地・ビル名必須
    必須
    必須
    必須


    【お問い合わせについてのご注意】

    • お預かりいたしました「個人情報」につきましては、本[お問合せ]の対応及び、弊会活動のご案内のみに、使用させて頂きます。第三者への譲渡・販売は一切いたしません。
    • ご記入いただきましたお申込み情報は、社員研修又は講師派遣を適切かつ円滑に運営するために利用します。
    • 又、その他のお問い合わせにつきましては、下記までご連絡ください。

    日本経営合理化協会コンサルティング局 園部・三木

    TEL 03-3293-0041

    Go to Top