結果重視の実践コンサルティング

成長が持続する研修プラン実践法

メニュー

整理術業績向上社員育成

240_320

場当たり的な研修では終わらせない
成長が持続する研修プラン実践法

企業理念・事業戦略そして人材の一貫性がカギ!!
長期にわたり高い効果が持続する研修プランを策定

研修実施直後は社員もヤル気十分!ところが時間が経つにつれてヤル気も薄れ、また同じ毎日を繰り返す…。
こういった“場当たり的な研修”は実は何度やってもあまり効果がありません。効果の高い研修を実践させるには、長期プランに沿って、自社の人材の現状とこれからの戦略計画に合った研修プログラムを組み立てていく必要があります。

想定期間:2年~3年が理想。フェーズによりご相談可。

対象

  • 数々の研修を試してきたものの、効果が得られていないと感じる企業

  • 研修プランを自社にどのように導入すべきかが分からない企業

効果

効果の持続しない研修に対するコストを一掃できます。

社員の長期に渡る成長の好循環が築けます。

自社に最適な研修プランが立てられます。

講師

192_256

新産業開発研究所

所長

坂戸 健司 さかと けんじ

◎COPパーソナリティー分析認定マスター

◎人材育成企業内指導相談人

◎ビジネス・プランナー

武蔵野美術短期大学を卒業後、広告業界に入り、さまざまなナショナルクライアントの広告戦略、販売促進の戦略、マーケティングの実務を学ぶ。コンセプター、クリエーターとして活躍。
その後、郷里の広島に戻り、新産業開発研究所㈲代表取締役。広告ディレクター、プランナー、エディトリアルディレクター、人材育成、人材コンサルタントなど、あらゆるクリエイティブワーカーとしての顔を持つ。これまでさまざまな職業を経験し、多くの経営者やビジネスマンと接して、人の行動にはその人の持つ性格傾向が強く係わっているということを認識。事業推進の支援やプロジェクトの成功には、メンバー各自が自らの性格傾向を知る必要があると強く実感する。自身が制作サイドの技術者という立場から、企業のマーケティングや人材育成の担当部門への教育指導などをするようになったのは、COPパーソナリティー分析がきっかけと言える。この、人の性格傾向に注目した人材分析ソフトを活用した研修やトレーニングを2000年より本格的に取り組み、自らのライフワークとして精力的に活動を行なっている。

主な著書に『商売超繁盛』『自分を変える超技術』『35歳からの山歩き』『メモの技術』『整理の技術』『プレゼンの技術』『「気がつく人」に人が集まる本当の理由』『うまくいくリーダーが心がけている60のこと』(いずれもすばる舎)『すごい!整理術』『「発見力」の磨き方』『すごい!段取り術』(いずれもPHPビジネス新書)『「右脳」と「左脳」のメモ術』(PHP文庫)『仕事がサクサク進む整理術』(PHP研究所)『夢をかなえる整理の技術』(総合法令出版)『ビジネス整理力トレーニング』(秀和システム)『できる人のメモの技術』(中経出版)など多数。

導入事例

1.社員の受け皿を作る

「研修辛かったね」と言わせない社員風土の作り方

戦略を進めるのは人であり、戦略と人材もセットであるべきです。どんな企業のいとなみもこの2つがセットでないといけません。この2つが合わさった部分が企業のプロジェクトの強さです。ここを強化するための研修を取捨選択していくことが、重要になります。自社にとって良い研修を選ぶためにまず最初に経営者がやらなければならないことは、企業理念と事業戦略の浸透です。企業理念があり、その回りにマーケティングや人材教育、広報を取り巻く事業戦略が存在します。

企業理念、事業戦略が一貫していて、それを人(社員)が深く理解した時、企業としての最良の力を発揮します。研修においても同じことが言えます。自社に相応しい研修を行うためには、まず社員が自社の企業理念、事業戦略を深く理解している必要があります。具体的には、「会社の教科書をつくること」です。貴社の企業理念と事業戦略はきちんと明文化されていますか?この“明文化”こそが会社そのものを社員に伝える唯一の方法です。本コンサルティングでは、この教科書作りから始めます。

2.社員を長期に伸ばす研修プランを策定する

場当たり的で効果のわかりにくい研修への終止符

長期で社員の成長を促すためには、1回1回で完結するような研修では限界があります。受講当日は
非常に高い意欲が湧きますが、1日1日その記憶は薄まってしまうからです。結果、研修で
学習したこと、感じたことが記憶の彼方に消え、またいつもと同じ日々を繰り返すことになります。
本コンサルティングでは、このような場当たり的な研修ではなく、貴社に合った長期の研修プランを
策定いたします。1回1回の研修全てに継続性を持たせ、人材の成長路線に沿って組み立てる
ので、長期的な社員の成長が見込めます。

研修は万能薬ではありません。人材育成に近道はありません。

補足:社員を知り抜く効果的手法COP「パーソナリティー分析」

将来的に会社を背負って立つ人材を探し出し、教育する

予測の難しい設問により、社員のホンネを引き出す分析手法です。本プログラムにより、

  • 未来を切り開くことのできるリーダー型の
  • 生え抜きの人材の中でも、さらに会社を背負って立つ将来の中心的人
  • 今は結果を出していなくても、会社の将来に絶対なくてはならないタイプ
  • 無口だが徐々に成功していく
  • 会社の思惑とは裏腹に、実はすぐに辞めていく

が分かります。本コンサルティングを開始する前の一助として是非ご活用ください。

(参考)結果が出せる社員を発掘・育成する人材育成コンサルティング

導入までの流れ

  • 問い合わせ
    資料請求
  • 事前ヒアリング
  • 面談・方針決定
    コンサルタント紹介
  • ご提案
    御見積のご提示
  • ご契約
  • コンサルティング
    実施
  • ご報告
  • 事後フォロー

お問い合わせ

成長が持続する研修プラン実践法についてのお問い合わせ

必要事項にご記入の上、「送信する」ボタンをクリックしてください。
※全て入力必須です。

    必須
    必須
    必須
    必須
    必須
    必須
    番地・ビル名必須
    必須
    必須
    必須


    【お問い合わせについてのご注意】

    • お預かりいたしました「個人情報」につきましては、本[お問合せ]の対応及び、弊会活動のご案内のみに、使用させて頂きます。第三者への譲渡・販売は一切いたしません。
    • ご記入いただきましたお申込み情報は、社員研修又は講師派遣を適切かつ円滑に運営するために利用します。
    • 又、その他のお問い合わせにつきましては、下記までご連絡ください。

    日本経営合理化協会コンサルティング局 園部・三木

    TEL 03-3293-0041

    Go to Top