結果重視の実践コンサルティング

1店舗1億円の店づくりコンサルティング

メニュー

経営改善繁盛店飲食店コンサル

240_320

1店舗1億の店づくりコンサルティング

「産地がいい!」では売れない
看板商品を開発し、来店客を激増させるための「強い店づくり」総合プロデュース

強い飲食店作りのプロ大久保和彦氏が貴店を協力サポート

新宿さぼてん多店舗化、ハイディ日高業態プロデュースに成功
年300店舗訪問で繁盛の秘訣を体系化
コンサルティングで長期繁栄店が続出

年々、入れ替わりの激しさが増す飲食業界。
店が増えたことにより、1店あたりの商圏は確実に小さくなっており、これまでと同じやり方ではビジネスの縮小は免れられません。「安い!」、「何でも屋さん」や「産地がいい」は、もはやウリでも何でもないのです。モノでは差別化できません。

これからのやり方は、ストーリー性を持った、ウリとなる商品を開発し、お店全体のコンセプトと連動させていく必要があります。「あれを食べるにはあそこ!」という看板商品で新規客への商圏を広げながら、お店のストーリーやコンセプトに共感をいただくことでリピーターを増やすことが重要です。

そこで、本コンサルティングでは、オーナーの想いや理念から、貴社のオペレーションなどの現場感覚も踏まえた商品開発とストーリーを創出させます。単なる来店前の集客を目的としたものではなく、来店客がお金を支払う瞬間の満足度を最大限に高めるお手伝いをいたし、新規客、リピーターの双方を増やします。

想定期間:1年~

対象

  • 飲食店全般

  • 3~10店舗、次の一手を思案している飲食店

  • ポピュラープライスのお店

  • チェーン店

  • 居酒屋・惣菜店・レストラン・ラーメン店・カフェ・郊外店

効果

  • ・「あれを食べるならあそこ!」と言われるような看板商品が出来上がります。
  • ・価格競争から抜け出しながら多店舗化を実現。
  • ・リピーターが激増する仕組みが出来上がります。
  • ・お店のコンセプトと看板商品のストーリーとが連動し、強いお店づくりが可能になります。
  • ・価値経営ができる。

【1】必ずリピーターが激増する仕掛けづくり

本コンサルティングで目指すのは、「来た人が適正な来店サイクルで必ずリピーターになるお店」です。
来店前の”集客”に重きを置くのではなく、来店客の”お金を払う瞬間”の満足度を最大限に追求していただきます。
この考えに基いて、我が社の「看板商品開発」と、その「ストーリーづくり」、そして「強い店づくり」を総合的にコンサルティングいたします。この基本づくりをしっかりやることにより、必ずリピーターが激増する仕掛けになります。

【2】看板商品開発から強い店づくりまで。首尾一貫のメカニズム

本コンサルティングで目指すのは、「来た人が適正な来店サイクルで必ずリピーターになるお店」です。
来店前の”集客”に重きを置くのではなく、来店客の”お金を払う瞬間”の満足度を最大限に追求していただきます。
この考えに基いて、我が社の「看板商品開発」と、その「ストーリーづくり」、そして「強い店づくり」を総合的にコンサルティングいたします。この基本づくりをしっかりやることにより、必ずリピーターが激増する仕掛けになります。

講師

192_256

日本の将来のために創業・第二創業・イノベーションを支援する有限会社

代表

大久保 一彦 おおくぼ かずひこ

飲食店のもうけの構造を知り尽くした現場コンサルタント。

日本、アメリカ、欧州、累計で1万店舗以上、年間300以上の店舗を訪ね、繁盛の秘訣を体系化し、「オオクボ式繁盛プログラム」を開発。
長く愛されるオンリーワンのフォーマットとしくみを多数ディレクション。

(株)グリーンハウス時代に「新宿さぼてん」を惣菜店多店舗化に成功。独立後は、ハイディ日高、和幸、東和フードサービスなどの新業態開発やメニュー開発などを手掛け、地域密着店、老舗料亭やフレンチ・イタリアンの高級店等の運営から集客法までを一元的に指導。経営者の信頼を得る。

「行列ができる店はどこが違うのか」など著書24冊。

導入事例

【3】コンセプト・商品開発・ストーリーの見せ方等、豊富な事例

様々な業態の飲食店を再編・拡大させてきた大久保一彦氏の実績のうち、一部をご紹介いたします。

■ 9席で日に最低11万売る「グリルK」

豊島区巣鴨のハンバーグ屋「グリルK」。7〜8年の計画を立て、居抜きとして開業。ステーキハウスの雰囲気を演出し、炭火ハンバーグを看板商品とした。和牛のステーキと炭火ハンバーグの合い盛りをウリとし、たった9席の店舗で日に最低11万円売る店舗を創りだした。現在では「来た人が必ずリピーターになる店」へと発展し、遠方客も感動する繁盛店となった。

■ 業界誌にも評価され、カフェ&スイーツなどの常連のカリスマオーナーとなった「ラ・ターブル・ドゥ・イズミ」

もともと売れない茨城県にある喫茶店。「紅茶とスコーンを好きなだけ食べていただきたい」というオーナーの想いを取り入れながら再編に着手。「紅茶とスコーンをお好きなだけお召し上がれ!」をコンセプトに、紅茶とスコーンをビュッフェ形式で30種類から好きなものを選べるようにした。茶葉を選んで味・香りを飲み比べしながら嗜むことができるというスタイルが来店客の心を掴み、繁盛店に。業界紙にも常連となりカフェ&スイーツのカリスマオーナーと評されるまでに発展した。

■ 過去最高売り上げを更新し続ける日本酒の名店「こころむすび」

店主の自信であった日本酒に着目し、「日本の誇るべき伝統文化である日本酒文化を次の世代に伝承する」というミッションを掲げ日本酒へのこだわりを前面に押し出した。来店客の共感を得、過去最高売り上げを更新し続ける、新宿御苑の日本酒の名店となった。現在でも過去最高売り上げを更新し続けている。

導入までの流れ

  • 問い合わせ
    資料請求
  • 事前ヒアリング
  • 面談・方針決定
    コンサルタント紹介
  • ご提案
    御見積のご提示
  • ご契約
  • コンサルティング
    実施
  • ご報告
  • 事後フォロー

お問い合わせ

1店舗1億円の店づくりコンサルティングについてのお問い合わせ

必要事項にご記入の上、「送信する」ボタンをクリックしてください。
※全て入力必須です。

    必須
    必須
    必須
    必須
    必須
    必須
    番地・ビル名必須
    必須
    必須
    必須


    【お問い合わせについてのご注意】

    • お預かりいたしました「個人情報」につきましては、本[お問合せ]の対応及び、弊会活動のご案内のみに、使用させて頂きます。第三者への譲渡・販売は一切いたしません。
    • ご記入いただきましたお申込み情報は、社員研修又は講師派遣を適切かつ円滑に運営するために利用します。
    • 又、その他のお問い合わせにつきましては、下記までご連絡ください。

    日本経営合理化協会コンサルティング局 園部・三木

    TEL 03-3293-0041

    Go to Top