結果重視の実践コンサルティング

客観的かつ、多方面から指導!戦略的に「儲かる繁盛店」をつくる

メニュー

240_320

コンセプト作り、メニュー開発、
集客、人材育成・・・
繁盛店づくりの専門家チームが
総合プロデュース
あなたのお店を「儲かる繁盛店」に変える

飲食事業には飲食事業独自の勝ちパターンがあります。安定して儲かる事業にするには、セオリーに沿った戦略を立て、確実に実行していかなければいけません。
しかし、飲食事業は多岐にわたった専門領域の集合体です。出店計画、コンセプト立案、メニュー開発、マニュアル類、スタッフの教育、販売促進、Web・IT、財務・・・など、すべて違う知識と経験が必要になります。その一つひとつで確実に成果を出すには、各分野の高い専門性と実務経験に裏付けされた高い洞察力・分析力と、その客観的分析結果に対応できる優秀な専門家が必要です。

そこで本コンサルティングでは、忙しい社長様に変わって、自身も繁盛を続ける飲食店を複数運営し、日本全国の飲食店で上場会社から個人店まで100社・300店舗以上をプロデュースしている森智範氏を中心とした「チーム森」で貴店を戦略的に繁盛店に導きます。

既存店舗の売上減に悩んでいる社長様をはじめ、飲食事業の再構築、新たに飲食事業に進出される社長様もご活用ください。

想定期間:半年〜

対象

  • 飲食事業を戦略的に儲かる事業にしたい社長

  • 直感的マーケティングで経営を行ってきた飲食事業の社長

  • 自店舗をしっかりとマーケティング、PR、ブランディングしたい社長

  • 飲食事業の抜本的見直しを考えている社長

  • 飲食事業を客観的に分析してほしい社長

  • 新たに飲食事業に進出される社長

効果

本コンサルティングのポイント

  • 貴店の「強み」と「課題」を明確化し、必要な専門家が対応するから繁盛店になる

    儲かるセオリーに沿った客観的な意見を聞くことで、自分では気付けなかった課題や自店の強みを発見できます。その上で第一線で活躍しているミシュラン料理人・大手企業の財務管理の担当者・インフルエンサーなど多種多様な専門家で構成された「チーム森」が、貴店に必要な専門家をディレクションし対応します。

  • 繁盛店舗にするためのブレない一本化された戦略

    「チーム森」がブランディング・PR戦略を練り、課題のために必要な専門家を派遣し対応します。複数に依頼する必要もなく戦略がブレるリスクもありません。全て対応できるので繁盛への道筋もブレず、一本化された戦略で進めることができます。

  • 安定して人財を確保できる基盤を作る

    飲食事業において人財の確保・獲得は必須事項です。加えて繁盛店には高い接客技術をもつ人財の育成が必要です。そこで飲食事業における人財育成・教育に高い実績を持つ専門家が採用から教育まで対応し「こういう人が欲しい」「こういう人がいたら助かる」という人材の育成・教育の基盤を作ります。辞めない人財を採用するコツ、既存従業員のやる気の引き出し方もお伝えします。

講師

192_256

株式会社M&Co

代表取締役

森 智範 もり とものり

総合プロデュース担当

大分県出身。調理師専門学校を卒業後、“フレンチの鉄人”として知られる石鍋裕氏の経営する「クイーンアリス」に入社。ソムリエ、支配人を務め、同社の成長を支えてきた。

31歳で独立。
2002年、福岡市今泉の「パロマグリル」をオープンさせ、「博多の飲食店のムーブメントを変えた」と言われる繁盛店を作り上げた。
2009年に炉端「魚男」をオープン。
現在、全国で一部上場会社から個人店まで幅広いクライアントに対し店舗プロデュース・経営コンサルタントなどを300件以上手掛けている。

192_256

Marketing Demo株式会社

代表取締役

石井 賢介 いしい けんすけ

マーケティング担当

1990年生まれ。東京大学卒業後、住友商事に入社してアルミニウム地金のトレーディングに従事。その後、P&Gジャパンに転職。マ ーケティング本部にてホームケアのブランドマネジメントを担当。ファブリーズのブランドマネージャー時代には、ブランド始まってからのレコードとなる売り上げを達成。 2020年にMarketing Demoを創業。

192_256

株式会社絶好調

代表取締役

吉田 将紀 よしだ まさのり

人材教育担当

大学時代のアルバイトで飲食業に興味を持ち、卒業後、株式会社ダイナックに入社。大宮のダイニングバーの店長に就任し、大繁盛店へと導く。その後、株式会社てっぺんの創業メンバーとして、店長、総店長を務め、新店舗の立ち上げや店長育成などを行う。 2007年に株式会社絶好調を設立。現在は新宿を中心に炉端焼き懐石料理、イタリアンバルなど多業態で複数店舗を展開。

導入事例

実店舗のコロナ前後における対策と状況のご紹介

店舗情報

博多炉端 魚男
092-717-3571
福岡県福岡市中央区今泉1-4-23
https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400104/40006960/
食材原価35% 人件費23%

問題点

コロナによる緊急事態宣言発令
メインターゲットが40〜50代のお客様だった為外食しなくなった
料理が陳腐化

改善点

・企業理念を『いつも一歩先の世界を』に設定
・コンセプトを『毎日、笑顔と元気が生まれる場所』に設定
・メインターゲットを20代後半から40代に選定
・料理を70%を入れ替え
・知人のミシュランシェフやバーテンダーをコンサル化し向かい入れたり、産地や調味料など深堀り・再選定し商品の味のクオリティを上げた
・客単価を5000円から6000円にアップ
・アライアンスを組む人材育成のコンサルを向かい入れ、教育システム、人事評価システムを導入、→従業員満足度アップ、接客力アップ→リピーターが6割に増加
・知人をSNSコンサル化し、SNSの整備、発信に力を入れた(インスタフォロワー2020.8時点2000名→2022/8.9000名.LINEフォロワー8000名)
・メインターゲットがかぶる他社やクリエイターとコラボを多数行い認知度アップ(TEI TOWA、塩谷さん、ラーメン、和菓子、バーetc)
・広報を迎えいれ、常に情報発信、マスコミとの連携をとる

結果

売上UP
2020年8月 400万

2022年8月 1,200万

導入事例

店舗情報

050-5571-6239
北海道札幌市中央区南2西4-10-2 清水ビル B1F
https://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010102/1042524/
札幌居酒屋 36坪60席

問題点

コロナによる緊急事態宣言発令
メインターゲットが飲み放題利用の若年のお客様
料理が陳腐化
従業員、経営者の意識が低い

改善点

・コンセプトを『札幌のエナジースタンド』に設定
・メインターゲットを20代後半から40代に選定
・料理を総入れ替え
・産地や調味料など深堀り・再選定し商品の味のクオリティを上げた
・アライアンスを組む人材育成のコンサルを紹介、意識改革、教育システム、人事評価システムを導入
・SNSコンサルを紹介SNSの整備、発信に力を入れた
・札幌有名店とコラボを多数行い認知度アップ(バー、チョコレート専門店、ラーメン、坦々麺専門店)
・地元インフェルサーと連携し情報発信、マスコミとの連携をとる

結果

売上UP
2019年8月 450万(新型コロナウイルス感染症発生前)
2021年12月 200万
(2021年12月〜2022年2月 平均売上80万/月)
2022年4月から参画

2022年8月 800万(新型コロナウイルス感染症発生前より 売上UP達成!)

客単価
3,000円

6,000円にUP

インスタフォロワー
2021年12月 200名

2022年8月 3,000名UP

従業員満足度アップ

接客力アップ
リピーターが6割に増加

導入までの流れ

  • 問い合わせ
    資料請求
  • 事前ヒアリング
  • 面談・方針決定
    コンサルタント紹介
  • ご提案
    御見積のご提示
  • ご契約
  • コンサルティング
    実施
  • ご報告
  • 事後フォロー

お問い合わせ

客観的かつ、多方面から指導!戦略的に「儲かる繁盛店」をつくるについてのお問い合わせ

必要事項にご記入の上、「送信する」ボタンをクリックしてください。
※全て入力必須です。

    必須
    必須
    必須
    必須
    必須
    必須
    番地・ビル名必須
    必須
    必須
    必須


    【お問い合わせについてのご注意】

    • お預かりいたしました「個人情報」につきましては、本[お問合せ]の対応及び、弊会活動のご案内のみに、使用させて頂きます。第三者への譲渡・販売は一切いたしません。
    • ご記入いただきましたお申込み情報は、社員研修又は講師派遣を適切かつ円滑に運営するために利用します。
    • 又、その他のお問い合わせにつきましては、下記までご連絡ください。

    日本経営合理化協会コンサルティング局 園部・三木

    TEL 03-3293-0041

    Go to Top